展示・講座案内

歴史的な建物保全セミナー「古民家は地震に弱い?古民家の耐震性の本当のところ」(令和4年12月18日)

2022年11月22日 カテゴリー:

 「古い建物・古民家全部が地震に弱い」と漠然と思われている人はたくさんおられると思います。また「古民家は危険だ」というイメージも同様です。
 そこに疑問を感じた講師が、プロの研究者や工務店などへの豊富な取材経験から見えてきた古民家の耐震性の実際や現在の家との違いなどをお話いただきます。
 また、自身も古民家を探すところから始め、リフォームを行い、居住している経験から、その魅力や良さもお話いただきます。

「古民家は危険、新築は安全なのでは?」
「石の上に乗った基礎で大丈夫かな?」
​「地震がきたらどうなるのか不安」
「プロの工務店はどう考えているの?」
「どんな建て方か興味がある」
​「思い出あるし残したいけどなぁ」そんな方はぜひご参加ください。

 当日は、本町地区内の歴史的な建築物を改修・活用している「いろは薬局」をお借りし、古民家耐震診断のデモンストレーションも行います。

講演会のチラシ画像

対象 歴史のある建築物や古民家などの所有者や耐震に不安のある人

日時 令和4年12月18日(日曜日)午前10時~正午 

場所 まちづくりの館(本町8-8)

講師 大原 鉄平さん(古民家ポータルサイト「クロニカ」代表)
講師の大原さんが横を向いた写真

古民家リノベーション体験談や古民家に強い全国の工務店へのロングインタビューなど、古民家で暮らすためのコンテンツを集めたポータルサイト「クロニカ」を運営。
古民家の自宅を紹介するInstagramのフォロワーは3万人を超える。古民家鑑定士1級。

 

費用 無料

定員 15人(申込先着順) 

申込・問合せ 12月16日(金曜日)までに電話またはファクス・電子メール(講座名、住所、氏名、電話番号を記入)で都市計画課街づくり支援担当(電話:072-423-9505 ファクス:072-423-3347 電子メール:tokei@city.kishiwada.osaka.jp)へ

その他

  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、消毒液の設置、検温、座席間隔の確保、換気などを行います。
  • 講演会参加の際にはマスクの着用をお願いします。発熱がある人などは参加をお控えください。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大の際には、中止・変更にする場合があります。

まちづくりの館に戦国武将が参上(終了しました)

2022年07月26日 カテゴリー:

まちづくりの館に甲冑(レプリカ)と陣羽織を展示しています。

しばし、戦国武将の息づかいを感じてみませんか?

甲冑は真田幸村(真田信繁)を彷彿とさせる「赤備え」の様式で、前立は多くの戦国武将が採用した蜻蛉(トンボ)をあしらっています。

トンボは「勝ち虫」と言われ、縁起の良いものとして考えられていました。

*兜の前面に付けられた飾り

#トンボは特性として前進しかせず後退しないと言われています。戦において勝ち進む、退却しない、負けないという意味合いがあります。

陣羽織は、戦国時代に登場したと言われ、戦場において武将が鎧の上から羽織りました。防寒という実用面だけでなく、武将の威厳を示す装飾品でもありました。この陣羽織の絵柄は「龍」をデザインしたものです。

甲冑と陣羽織は、貝塚市の岸田一雄さんと大島健さんが全て手作りで製作したものです。

これらの作品は、8月下旬まで展示する予定です。

もうすぐ雛祭り🎵お雛様を飾っています(終了しました)

2022年02月13日 カテゴリー:

まだまだ寒いですが立春を迎えましたね。

春を迎える準備をしようと、まちづくりの館に雛飾りを設置しました。

雛人形は厄を引き受けてくれると言われています。

災いがふりかからない本当の春が早くやってきますように。

出窓に設置していた冬の飾りも、装いを新たに雪解けした景色に変更しました。

帰り道やお散歩の際に、愛らしい雛人形を是非ご覧ください。

3月いっぱい展示します。

竹を使った手作りの飾り付けを行っています(終了しました)

2022年01月14日 カテゴリー:

まちづくりの館では、季節に合わせて飾りつけを行っています。

スタッフが手づくりで一つ一つ心を込めて飾り付けています。

竹や手づくりランプシェードからのあったかい灯りに癒されませんか。

ゆっくり眺めていると温かい気持ちになりますよ。

展示は2月末までの予定ですので、ぜひご覧ください。



まちづくりの館では、季節に合わせて手作りの飾りを設置する歳時記プロジェクトを実施しています。

帰り道やお散歩中、またお近くにお越しの際には、まちづくりの館で休憩いただき、四季を感じに来て下さい。

歴史的な建築物・古民家利活用セミナー「古民家活用から始まる つながる「人」と「まち」」を開催します(令和4年1月22日(土曜日))(終了しました)

2022年01月6日 カテゴリー:

歴史のある建築物や古民家を持っている。

古い家屋や空き家の活用に興味がある。

残したいけど、上手く活用する方法を知りたい。そんな方はぜひご参加ください。

歴史的な建築物・古民家利活用セミナーのチラシです

泉佐野駅周辺の旧市街地を舞台に、まちを元気にしようと、歴史ある古民家を改修し、新たな賑わいづくりにチャレンジする2団体による話です。

さの町場家守舎まちばの芽には、古民家ならではの趣を活かした企画や場づくりなど、まちづくりのプレイヤーとしての活動を、バリュー・リノベーションズ・さのには、人材・ニーズの掘り起こしやマッチング、まちでチャレンジする人の応援など、まち再生へのパイプ役・仕掛け役としての活動を語っていただきます。
歴史的な建物や古民家を拠点にした身近な試みを知り、建物の新たな活用方法や魅力を考えるきっかけにしてみませんか。

日時 1月22日(土曜日)午後1時半~3時半 

場所 まちづくりの館(本町8-8)

申込・問合せ

1月21日(金曜日)までに電話またはファクス・電子メール(講座名、住所、氏名、電話番号を記入)で都市計画課街づくり支援担当(電話:072-423-9505 ファクス:072-423-3347 電子メール:tokei@city.kishiwada.osaka.jp)へ

手作りで迎える新年!ミニ門松を作りました(12月25日 終了しました)

2021年12月28日 カテゴリー:

12月25日(土)、まちづくりの館で、本町のまちづくりを考える会が門松作り講座を行いました。当日は親子など22名が参加をしました。

「竹の高さはこれぐらいかな」や「真っ直ぐになっているかな」など、参加者の賑やかな声が会場内に広がる講座となりました。

今年もコロナ禍で大変な生活を強いられましたが、自作のニ門松を飾って、新しい年を迎えていただければと思います。

気持ちがほっこりする冬の灯りを飾っています(終了しました)

2021年12月9日 カテゴリー:

師走に入り、今年もあとわずか。

寒さも本格的になりましたね。

 

今年も、まちづくりの館では、寒さの中でも暖かさを感じる冬の灯りを飾っています。

「みんなの気持ちがほっこりしますように」と願いながら、一つ一つ丁寧に作りました。

 

まちづくりの館の外からでも中からでも見ることができます。

展示は12月いっぱいの予定ですので、ぜひご覧ください。

まちづくりの館では、季節に合わせて手作りの飾りを設置する歳時記プロジェクトを実施しています。

帰り道やお散歩中、またお近くにお越しの際には、まちづくりの館で休憩いただき、四季を感じに来て下さい。

10月1日(金曜日)から開館時間が通常通り(21時まで)となります

2021年10月1日 カテゴリー:

緊急事態宣言の発令により施設の利用時間を短縮していましたが、緊急事態宣言の解除に伴い、10月1日より 通常通りの開館時間となります。

対象期間:令和3年 10月1日より
開館時間:9時~21時

ご利用者におかれましては、感染拡大防止対策のため以下の事項にご理解・ご協力をお願いします。

施設利用時の注意事項

◆定員は下記を目安とします。
 ・椅子のみで使用…28人
 ・机を使用…16人
◆マスク着用、手洗い、手指消毒、咳エチケットを徹底してください。
◆できるだけ2メートル(最低1メートル)利用者間の距離を空けてください。
◆発熱、風邪症状など体調不良の方は利用を自粛してください。
◆屋内施設については換気を励行してください。

岸和田藩火縄銃を展示しました(終了しました)

2021年04月6日 カテゴリー:

 令和3年4月2日(金)~4日(日)、まちづくりの館で、番組「 開運!なんでも鑑定団」でお馴染みの、鉄砲研究家の澤田平さんが所蔵する、岸和田藩で作られた火縄銃などの展示を行いました。

 

 来館者のみなさんは、火縄銃の種類や、甲冑やエレキテルなどの貴重な展示に見入っておられました。

 お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!

 まちづくりの館ではコロナの感染対策を行いながら、これからもいろいろなイベントを開催していきたいと思います。

岸和田藩火縄銃を展示します(終了しました)

2021年03月25日 カテゴリー:

 番組「 開運!なんでも鑑定団」でお馴染みの、鉄砲研究家の澤田平さんが所蔵する、岸和田藩で作られた火縄銃などの展示を行います。

 火縄銃の実物などを身近に見ることができる機会です。ぜひお越しください。

日時 令和3年4月2日(金)~4日(日)  午前9時~午後5時

場所  まちづくりの館

ページの先頭へ

Copyright (c) 2012 本町のまちづくりを考える会. All Rights Reserved.