展示・講座案内

講談寄席「岡部公と吉良上野介」を開催しました

2019年11月28日 カテゴリー:

令和元年11月27日(水曜日)、講談師 旭堂南海さんによる、講談寄席を開催しました。

毎年人気の講談で、今回の演目は「岡部公と吉良上野介」と「赤穂義士伝」でした。

講談(こうだん)とは、日本の伝統芸能で、演者は高座におかれた釈台の前に座り、張り扇(はりおうぎ)で調子を取りつつ、主に歴史にちなんだ話を観衆に対して語ります。

「講釈師、みてきたようなウソをつき」と言われるように、臨場感あるれるお話を、現代の時事ニュースも面白く交えながら語っていただきました。

当日は、平日にもかかわらずたくさんの方が参加され、会場は満員となりました。

岸和田の岡部公が吉良上野介を言い負かした歴史話がメインで語られ、赤穂義士の矢頭右衛門七の腹巻の話も語っていただき、参加者のみなさんがお話に聞き入っておられました。

このような岸和田の歴史を知る催しを実施することで、より多くのみなさんに岸和田のまちの歴史や文化に興味を向けてもらえればと考えています。

歴史講座「発見!岸和田藩の火縄銃」を開催しました

2019年11月13日 カテゴリー:

令和元年11月10日(日)まちづくりの館で、

歴史講座「発見!岸和田藩の火縄銃」開催

 

毎回大好評の歴史講座。今回はいつにも増して開催前からの問い合わせが数多くあり、当日はたくさんの人が訪れていました。

講座では、なんでも鑑定団でお馴染みの鉄砲研究家、澤田平先生の熱いお話に受講者は感銘を受けている様子でした。

 

岸和田藩で製作された火縄銃をはじめ、様々な銃の展示も行われました。

講座の中では岸和田藩で作られた銃がいかに精密なものとなっているか、他の銃との比較も含め先生が熱く講義してくださいました。

受講者も積極的に質問に手を挙げる等、関心の高さが伺えました。

受講者は、先生の許可のもと銃を実際に手に取って、火縄銃の仕組みや種類、岸和田藩の製作した火縄銃の精密さなどを、確かめていました。

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!

まちづくりの館ではこれからもいろいろなイベントを開催していきたいと思います。

 

設立25周年記念写真展を開催

2019年10月25日 カテゴリー:

 本町のまちづくりを考える会が平成6年に設立され、早くも25年が経ちました。

 そこで25周年を記念して、今昔の町の風景を見ていただき、懐かしさを感じたり新発見を楽しんだりできればとの思いや、地域をより良くしたいという本会の考え方が続けばとの思いから写真展を開催いたします。

 一度は足をお運びいただきますよう、お待ちしております。

日時 令和元年11月2日(土曜日)午前10時  ~3日(日曜日)午後8時

場所 まちづくりの館

講談寄席「岡部公と吉良上野介ほか」を11月27日に開催します。

2019年10月8日 カテゴリー:

まちづくりの館にて講談寄席を開催します。

毎回大好評の旭堂南海さんによる講談寄席を行います。

講談(こうだん)とは、日本の伝統芸能で、演者は高座におかれた釈台の前に座り、張り扇(はりおうぎ)で調子を取りつつ、臨場感あるれる歴史話を面白く語ります。

今回の演目は「岡部公と吉良上野介」と「赤穂義士伝」です。

歴史話を気軽に聞いてみませんか。

 

日時:令和元年11月27日(水) 14時開演

場所:まちづくりの館(本町8-8)

定員:60名(当日先着順)

参加費:無料

主催(問合先):まちづくりの館 072-433-3511

本町のまちづくりを考える会が設立25周年を迎えました

2019年05月23日 カテゴリー:

 「本町のまちづくりを考える会」は、城下町の風情が残る本町地区で、建築物の老朽化対策を契機に、平成6年に設立し、歴史的まちなみを守り育てるまちづくりに取り組んでいます。
 私たちのまちづくりは、わが町の誇りと愛着を礎とした、暮らしそのものです。
 無理なく、肩肘張らず、楽しみながらこれからも取組みを続けていきます。
 ぜひ紀州街道沿いの本町地区を歩いていただき、城下町の雰囲気を味わってみてください。

◆本町地区

 本町筋は、幅5メートルほどの旧紀州街道をはさんで商家や寺院、しもた屋などが向き合い、約200年前にほぼ現状ができあがりました。丸瓦の本ぶき屋根、太い格子を持つ商家のたたずまいを残すのは、府内でもここだけといわれています。

◆考える会と本町地区の歩み

・平成6年5月23日 「本町のまちづくりを考える会」発足

・平成9年3月30日 本町まちかど広場(本町ポケットパーク)の竣工

・平成9年8月29日 まちづくりの館の竣工(平成21年度から指定管理者として運営管理)

・平成10年4月5日から 紀州街道にぎわい市の企画

・平成19年7月22日から 板塀プロジェクト

・平成19年11月25日から 案内板・掲示板プロジェクト


◆その他、考える会の主な活動

  • 美化運動
  • 先進都市視察
  • 他団体交流会
  • 景観意識の周知・醸成    
  • 歴史講座開催
  • 写真展実施

「町家よもやま話~本町のむかし・いま・これから~」が開催されました

2019年04月26日 カテゴリー:

平成31年3月23日(土)まちづくりの館にて、

岸和田市都市計画課主催の「町家よもやま話~本町のむかし・いま・これから~」が開催されました。

歴史的建築物の研究をされている一級建築士の田 啓子氏の「現代にも役立つ町家よもやま話」について、参加された皆様が聞き入っていました。

また、この日は「紀州街道今昔写真展~まちなみをこれからも~」最終日で、お越しいただいた皆様にご覧いただきました。

今後も歴史的なまちなみに関するイベント実施の際にはご案内させていただきます。

 

歴史講座「岸和田藩歴代藩主が残した 海岸寺石燈籠」が開催されました。

2019年03月18日 カテゴリー:

平成31年3月17日(日)まちづくりの館にて、

歴史講座「岸和田藩歴代藩主が残した 海岸寺石燈籠」が開催されました。

毎回大好評の歴史講座。今回もたくさんの人が訪れていました。

講座では、幻の寺~海岸寺~について、赤坂 勇先生(郷土史家・海岸寺資料探究同好会代表)の興味深いお話を伺いました。

参加者の皆さん全員が、赤坂先生のお話に引き込まれていました。

講座の後には、実際に本町の個人宅に保管されている石燈籠を見に行かせていただきました。

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!

ギャラリーホールで3月23日まで開催している写真展~紀州街道今昔写真展~も、お越しいただいた皆様にご覧いただきました。(写真展主催:岸和田市都市計画課)

まちづくりの館ではこれからもいろいろなイベントを開催していきたいと思います。

 

色とりどりの風鈴が奏でる”涼”

2018年07月12日 カテゴリー:

の風鈴が奏でる”

まちづくりの館や周辺の紀州街道沿いに風鈴を設置しました。

夏の風物詩が描かれたものや、動物の形のもの、夜になると光るもの…

一つ一つ違うので、散策しながらお気に入りを探してみるのも楽しいですよ。

硝子と陶器では音も違うので、聞き比べてみてください♪

館内にいても、微かに涼しい夏の音が聞こえてきます。

風鈴の音に癒され、館内で涼みながら、懐かしさを感じてみませんか。

講談寄席【蛸地蔵縁起ものがたり】を開催いたしました

2018年06月21日 カテゴリー:

平成30年6月19日(火曜日)、講談師 旭堂南海さんによる、講談寄席を開催いたしました。

講談(こうだん)とは、日本の伝統芸能で、演者は高座におかれた釈台の前に座り、張り扇(はりおうぎ)で調子を取りつつ、主に歴史にちなんだ話を観衆に対して語ります。

「講釈師、みてきたようなウソをつき」と言われるように、臨場感あるれるお話を、現代の時事ニュースも面白く交えながら語っていただきました。

当日は、平日にもかかわらずたくさんの方が参加されました。

西郷どんの銅像裏話から始まり、岸和田の蛸地蔵にまつわる歴史話がメインで語られ、参加者のみなさんがお話に聞き入っておられました。

このような岸和田の歴史を知る催しを実施することで、より多くのみなさんに岸和田のまちの歴史や文化に興味を向けてもらえればと考えています。

講談寄席「蛸地蔵縁起ものがたり」

2018年05月25日 カテゴリー:

まちづくりの館にて講談寄席が開かれます。

昨年秋にも開かれた大好評の講談寄席。

今回のタイトルは「蛸地蔵縁起ものがたり」です。

旭堂南海さんに語っていただきます。

皆様、奮ってご参加ください。


日時:平成30年6月19日 (火) 13時30分開場 14時開始

場所:まちづくりの館(本町8-8)

定員:60名(当日先着順)

参加費:無料

主催(問合先):まちづくりの館 072-433-3511


 

ページの先頭へ

Copyright (c) 2012 本町のまちづくりを考える会. All Rights Reserved.