展示・講座案内

6月22日(火曜日)からまちづくりの館の施設利用を再開します

2021年06月25日 カテゴリー:

緊急事態宣言の発令により施設の利用を停止していましたが、大阪府の休業要請が緩和されたため、6月22日(火曜日)から利用を再開します。

ご利用者におかれましては、感染拡大防止対策のため以下の事項にご理解・ご協力をお願いします。

施設利用時の注意事項

◆定員は下記を目安とします。
 ・椅子のみで使用…28人
 ・机を使用…16人
◆マスク着用、手洗い、手指消毒、咳エチケットを徹底してください。
◆できるだけ2メートル(最低1メートル)利用者間の距離を空けてください。
◆発熱、風邪症状など体調不良の方は利用を自粛してください。
◆屋内施設については換気を励行してください。

6月20日までは緊急事態宣言発令に伴う臨時休館

2021年04月27日 カテゴリー:

緊急事態宣言発令に伴い、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、まちづくりの館を4月25日(日曜日)から6月20日(日曜日)までの間、臨時休館いたします。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力をお願いいたします。

岸和田藩火縄銃を展示しました

2021年04月6日 カテゴリー:

 令和3年4月2日(金)~4日(日)、まちづくりの館で、番組「 開運!なんでも鑑定団」でお馴染みの、鉄砲研究家の澤田平さんが所蔵する、岸和田藩で作られた火縄銃などの展示を行いました。

 

 来館者のみなさんは、火縄銃の種類や、甲冑やエレキテルなどの貴重な展示に見入っておられました。

 お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!

 まちづくりの館ではコロナの感染対策を行いながら、これからもいろいろなイベントを開催していきたいと思います。

岸和田藩火縄銃を展示します

2021年03月25日 カテゴリー:

 番組「 開運!なんでも鑑定団」でお馴染みの、鉄砲研究家の澤田平さんが所蔵する、岸和田藩で作られた火縄銃などの展示を行います。

 火縄銃の実物などを身近に見ることができる機会です。ぜひお越しください。

日時 令和3年4月2日(金)~4日(日)  午前9時~午後5時

場所  まちづくりの館

春を感じる飾りに癒されませんか

2021年03月3日 カテゴリー:

春は桃や桜の花が咲き始め、植物の芽が吹き出す心浮き立つ季節ですね。

これからの季節をイメージした飾りを、まちづくりの館に設置しました。

コロナ禍が終息し、本当の春が早くやってきますようにと願い、一つ一つ和紙を使って手づくりして飾っています。

帰り道や散歩の際に是非ご覧ください。

4月末まで展示します。

コロナ収束の願いを込めた手作りの灯りを飾っています

2020年12月21日 カテゴリー:

一年を振り返り、新年を迎える支度を始める事納めの時期がやってきました。

まちづくりの館では手づくりの灯りを飾っています。

今年はコロナ禍のためイベントが少なく、クリスマスや新年が控えているのに、なんとなく気分が沈んでしまいますよね。そんな人々の心を明るく照らしたいという思いから、歴史的なまちなみに合うよう、山形県金山町の取り組みをお手本に麻ひもを使った温かい灯りを手づくりしました。

紀州街道沿いから見ることができますので、帰り道や散歩の際に是非ご覧ください。1月以降も展示します。

もうすぐ七夕 星に願いを

2020年07月2日 カテゴリー:

 一年に一度の七夕祭りの7月7日が間近に迫り、まちづくりの館の軒先に大きな笹を飾りました。

 

 今年はコロナ禍で今までと同じ生活をできない場面もありますが、まちづくりの館や近くに来られた際には短冊に願いを書いてみてください。「願えば叶う」かもしれません。

※ 短冊はまちづくりの館で用意しています。笹飾りは7月11日(土曜日)まで。

5月23日(土曜日)からまちづくりの館の施設利用を再開します

2020年05月21日 カテゴリー:

 緊急事態宣言の発令により施設の利用を停止していましたが、大阪府の休業要請が緩和されたため、5月23日(土曜日)から利用を再開します。

 ご利用者におかれましては、感染拡大防止対策のため以下の事項にご理解・ご協力をお願いします。

施設利用時の注意事項

◆定員は下記を目安とします。
 ・椅子のみで使用…28人
 ・机を使用…16人

◆マスク着用、手洗い、手指消毒、咳エチケットを徹底してください。

◆できるだけ2メートル(最低1メートル)利用者間の距離を空けてください。

◆発熱、風邪症状など体調不良の方は利用を自粛してください。

◆屋内施設については換気を励行してください。

講談寄席「岡部公と吉良上野介」を開催しました

2019年11月28日 カテゴリー:

令和元年11月27日(水曜日)、講談師 旭堂南海さんによる、講談寄席を開催しました。

毎年人気の講談で、今回の演目は「岡部公と吉良上野介」と「赤穂義士伝」でした。

講談(こうだん)とは、日本の伝統芸能で、演者は高座におかれた釈台の前に座り、張り扇(はりおうぎ)で調子を取りつつ、主に歴史にちなんだ話を観衆に対して語ります。

「講釈師、みてきたようなウソをつき」と言われるように、臨場感あるれるお話を、現代の時事ニュースも面白く交えながら語っていただきました。

当日は、平日にもかかわらずたくさんの方が参加され、会場は満員となりました。

岸和田の岡部公が吉良上野介を言い負かした歴史話がメインで語られ、赤穂義士の矢頭右衛門七の腹巻の話も語っていただき、参加者のみなさんがお話に聞き入っておられました。

このような岸和田の歴史を知る催しを実施することで、より多くのみなさんに岸和田のまちの歴史や文化に興味を向けてもらえればと考えています。

歴史講座「発見!岸和田藩の火縄銃」を開催しました

2019年11月13日 カテゴリー:

令和元年11月10日(日)まちづくりの館で、

歴史講座「発見!岸和田藩の火縄銃」開催

 

毎回大好評の歴史講座。今回はいつにも増して開催前からの問い合わせが数多くあり、当日はたくさんの人が訪れていました。

講座では、なんでも鑑定団でお馴染みの鉄砲研究家、澤田平先生の熱いお話に受講者は感銘を受けている様子でした。

 

岸和田藩で製作された火縄銃をはじめ、様々な銃の展示も行われました。

講座の中では岸和田藩で作られた銃がいかに精密なものとなっているか、他の銃との比較も含め先生が熱く講義してくださいました。

受講者も積極的に質問に手を挙げる等、関心の高さが伺えました。

受講者は、先生の許可のもと銃を実際に手に取って、火縄銃の仕組みや種類、岸和田藩の製作した火縄銃の精密さなどを、確かめていました。

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!

まちづくりの館ではこれからもいろいろなイベントを開催していきたいと思います。

 

ページの先頭へ

Copyright (c) 2012 本町のまちづくりを考える会. All Rights Reserved.