展示・講座案内

一里塚弁財天のご紹介

2024年06月20日 カテゴリー:

本町にあり、地域で大切にされてきた市指定文化財の「一里塚弁財天」の歴史や云われなどを紹介しています(閲覧は下の画像をクリック)。

色鮮やかなてるてる坊主たちが今年もまちづくりの館にお目見えです

2024年06月20日 カテゴリー:

令和5年の大阪の梅雨入りは5月29日と平年より早く、令和6年の今年はまだ梅雨入りしておりません。
ですが、そろそろ梅雨入りしそうということで、梅雨のどんよりした天気はこれから多くなりそうです。
そんな梅雨入り目前のまちづくりの館に、今年もやってきました!!
雨でジメジメして沈みがちな気持ちを晴れやかにするため、梅雨の時期にぴったりで色鮮やかなてるてる坊主たちが来てくれました!

館内168体と館外97体を合わせ、総勢265体です!

てるてる坊主は、翌日の晴天を願い、白い布や紙で作った人形を軒先に吊るす日本の風習の一つですが、「てるてる法師」「てれてれ坊主」「てれれ坊主」「日和坊主」など、呼び方は地域によって様々です。
中国で伝説上の女性「掃晴娘(そうせいじょう)」を象った人形を吊るして晴天を願う風習がありますが、これが平安時代に日本に伝わり、日本風にアレンジされたことがはじまりといわれています。
中国では、自らを犠牲に人々を助けた掃晴娘を偲び、「掃晴娘が手に持ったほうきが雨雲を履いて消してくれるため、雨が続くと掃晴娘を象った人形を門に吊るして晴れを祈る」といった風習ですが、日本では特別な力を持つと考えられている坊主に変化したと考えられています。てるてる坊主を逆さに吊るしたり、黒い布や紙で作ったものを吊るすと、「ふれふれ坊主」と呼ばれる雨を願う人形となってしまい、逆効果であるとの言い伝えもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館内、館外の様々なところにてるてる坊主が!!それぞれ違ったお顔をしてるので、ぜひお気に入りの一体をみつけてみてください。

8月初旬頃までの、期間限定の展示です。この期間は岸和田の中で大注目の映えスポットなので、この機会にぜひ、お立ち寄りください!!

岸和田ならではのオリジナルグッズを販売しています!!

2024年06月13日 カテゴリー:

まちづくりの館では、各町だんじりのハッピが描かれた小皿や、組み立てると立体的な町家・まちなみを再現できる起こし絵葉書など他では買えない、お祭り関連や岸和田ならではのオリジナルグッズを販売しています。お立ち寄りの際は、お土産にぜひお買い求めください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産高生が作った『高校生が贈る ザ・レモンカリー』の販売を始めました

2024年04月24日 カテゴリー:

 まちづくりの館では、岸和田市立産業高等学校(産高)の「商品開発クラブ」が開発した『高校生が贈る ザ・レモンカリー』を販売することになりました。『高校生が贈る ザ・レモンカリー』は、「いつも忙しいなか、ご飯を作ってくれてありがとう。」という産高生の親に対する思いを込めて商品化されたレトルトカレーです。爽やかなレモンの酸味とほどよい辛さ(中辛)が好評です。

産高の商品開発部が作った『高校生が贈る ザ・レモンカリー』

産高は、明治40年(1907年)に創立され、100年を超える歴史があり、泉州の地域産業やまちづくりに貢献する人材を多く輩出してきました。その産高の部活動として「商品開発クラブ」が2016年にスタートし、地域の活性化のために、泉州の特産物や農産物を用いた商品の開発を行っています。
商品開発クラブはこれまで、「商業高校フードグランプリ2019」で審査員特別賞を受賞した万能みそだれ「みそこんぶもん」をはじめ、泉ダコを使った商品などを開発してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最新作である『高校生が贈る ザ・レモンカリー』は、「高校生が親のことを考えて作ったカレー」をコンセプトに、地元の規格外レモンの果汁を使用し、SDGs(持続可能な開発目標)に貢献しながら、親への感謝の気持ちを伝えています。

大阪産(おおさかもん)として認定
府内で栽培・生産される農産物、畜産物、水産物などを原材料に使用した特色ある加工品は、大阪産(おおさかもん)として府知事から認定を受けることができますが、この『高校生が贈る ザ・レモンカリー』もその認定を受けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

まちづくりの館では、産高の「商品開発クラブ」の活動に賛同し、最新作である『高校生が贈る ザ・レモンカリー』の販売を始めました。紀州街道のまちなみを散策しつつ、産高生が作ったレモンカリーを見つけませんか?

『高校生が贈る ザ・レモンカリー』は、まちづくりの館の向かいにある「いろは薬局本町店」でもお求めいただけます。

ヒラドツツジ(平戸ツツジ)が咲き始めました(終了しました)

2024年04月23日 カテゴリー:

今年も「まちづくりの館」のヒラドツツジ(平戸ツツジ)が咲き始めました。

 

 

 

 

 

 

ヒラドツツジは、桜の見頃が終わって、通常4月に花が咲き始め、5月上旬頃までに見頃を迎えます。
皆さん、どうぞお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「まちづくりの館」の正面玄関左側に、中庭に続く回廊があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その回廊を抜けると、野点(のだて)を想わせるしつらえがあり、落ち着いた空間がそこにあります。
ウォーキングや散歩の途中で、しばし、ヒラドツツジを愛でるのはいかがですか。

端午の節句に向けての展示を始めました(終了しました)

2024年04月18日 カテゴリー:,

5月5日は「端午の節句」です。

男の子のいるご家庭では、鎧や兜、それらを備えた五月人形が飾られます。また、鯉のぼりなども有名です。

鎧や兜は身を守るためのもので、これらを飾ることで、病気や事故などから守り丈夫に成長してほしいという願いがこめられています。

鯉のぼりには、生きていく上で遭遇する困難に、鯉のように突破し、出世してほしいという願いがこめられています。

まちづくりの館では甲冑(レプリカ)と陣羽織を本日展示しました。

 

 

 

 

 

 

兜には、後退はせず、前にしか進まないことから「勝ち虫」として武将に好まれてきた「トンボ」がついています。

 

 

 

 

 

 

甲冑は真田幸村(真田信繁)を彷彿とさせる「赤備え」の様式です。

武具のデザインにトンボが良くモチーフとして用いられていますが、こういった理由があったんです。

 

 

 

 

 

 

 

陣羽織は、戦国時代に登場したと言われ、戦場において武将が鎧の上から羽織りました。防寒という実用面だけでなく、武将の威厳を示す装飾品でもありました。この陣羽織の絵柄は「龍」をデザインしたものです。

甲冑と陣羽織は、貝塚市の岸田一雄さんと大島健さんが全て手作りで製作したものです。かなり精巧に作られています。

お近くにこられた際はぜひお立ち寄りください。

 

中央小学校5年生が制作した「竹あかり」展示しています(終了しました)

2024年02月28日 カテゴリー:

先日、中央小学校へ、「竹あかり」の制作のお手伝いに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

インパクトドライバーを使い、自分たちで選んだ柄に合わせて穴をあけて制作しました。
そうしてできた「竹あかり」展示しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちの力作を観に、ぜひ足を運んでみてください!!
ひな飾りと相まって、すごく豪華な展示となっております。

 

 

まちづくりの館に、光る竹が登場!?(終了しました)

2024年02月22日 カテゴリー:

まちづくりの館に、光る竹が登場しました!!

竹取の翁と呼ばれる?金子館長手作りの竹を使った展示です。

 

 

 

 

 

 

 

ひな飾りと非常にマッチしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まちづくりの館という文字が浮き出てきます。

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはまさに、竹取伝説で出てくる「もと光る竹なむ一筋ありける。」です!!

竹取の翁がかぐや姫をみつけた状況とそっくりです。

竹取伝説では、翁はかぐや姫を育てると、切った竹から黄金がザクザク出てきて大金持ちになったと言われています。そのご利益があるかもしれませんね。

2月27日(火)からはふるまい甘酒も始まります。もう少し寒い日が続きそうですが、温かい甘酒を飲みながら、まちづくりの館でゆっくりしてみてはいかがでしょうか。

※甘酒は無くなり次第終了となります。

 

 

美しいひな人形の展示が今年も始まりました!(終了しました)

2024年02月14日 カテゴリー:

立春が過ぎ、暦の上では「春」を迎えました。今年は暖冬で過ごしやすい日が多いですね。

まちづくりの館では、少し季節を先取り、お内裏様とおひな様がお目見えとなりました。

最近ではなかなか見られないスケールのひな人形です。

雛人形は、平安貴族の結婚式を表したものと言われており、昔は夜に行われたそうで、雛段にはぼんぼりの灯りをともしています。

新郎新婦であるお内裏様とおひな様、そのお世話をする官女や、護衛の随身、宴を盛り上げる五人囃子、いろいろな嫁入り道具などが揃ったものが一般的な雛人形飾りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ると、お人形さんそれぞれに、刀を腰に差したり、弓矢を持ったりとかなり細かい造りとなってます。

ぜひ、お人形さんの細かいところまでじっくりとご覧ください。

 

岸和田市立産業高等学校の商品開発クラブ開発商品のご紹介

2024年02月1日 カテゴリー:

 岸和田市立産業高等学校は、明治40年に創立し、100年を超える長きにわたり、地域産業とまちづくりに貢献できる生徒を輩出し続け、泉州地域一帯の商工業発展・まちづくりに貢献しています。

 そのような産業高校には、「商品開発クラブ」があり、泉州地域を盛り上げるため、生徒が、地域の特産物・農産物を用いた商品開発をしています。

 まちづくりの館では、まちづくり活動に貢献している産業高等学校の歴史と商品開発クラブの商品紹介をしています。

2023年は、生徒たちが、『高校生が親のことを考えて作ったカレー』をコンセプトに、食べてさっぱり美味しいレモンカレーを完成させました。
 忙しい中、いつもご飯を作ってくれる親に対し、献立に困らずパッと作って食べられるように、また、日頃の疲れを癒してほしいとの思いから、レモン味のレトルトカレーを作りました。
 レモンの使用にあたっては、地元の、規格外レモンを丸ごと果汁にした製品を使用することで、SDGsに貢献しながら親への感謝の気持ちを伝えることができると考えました。

府内で栽培・生産される農産物、畜産物、水産物などを原材料に使用した特色ある加工品は、大阪産(おおさかもん)として府知事から認定を受けることができますが、今回開発された「高校生が贈る ザ・レモンカリー」もこの認定を受けています。

このほか、商品開発クラブでは、「商業高校フードグランプリ2019」で審査員特別賞を受賞した、万能みそだれ「みそこんぶもん」をはじめ、泉ダコを使った商品など、これまでも多くの商品を開発しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな岸和田市立産業高校の商品開発クラブの生徒さんたちが、まちづくりの館に来館されました。
館内に設置している、「ザ・レモンカリー」の紹介ブース前では、開発秘話などお話いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

また、まちづくりの館の正面にある「いろは薬局」さんには、「ザ・レモンカリー」の販売に協力していただいているということで、感謝状が贈られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ザ・レモンカリー」、まだまだ販売しているところが少なく、目にすることもなかなかないと思います。
紀州街道の歴史ある街並みを散策し、「いろは薬局」さんにお立ち寄りいただき、岸和田産業高校の商品開発クラブが開発した地元特産品をお買い求めください。

ページの先頭へ

Copyright (c) 2012 本町のまちづくりを考える会. All Rights Reserved.